GOTOトラベルで家族旅行(と言いつつ心の中ではアケルナルを見る)

国内

「GOTO」っていうと星屋はつい「五籐光学」または「GOTOドブ」とかって思ってしまいます。
しかし今回はGOTOトラベルを使って鹿児島~宮崎へ家族旅行です。でもつい考えてしまうのが鹿児島まで行けばエリダヌス座α星アケルナルが見えるはず!しかも21日はISSがモロに天頂付近を通過する!

とあればその対策はしていかなければ! 家族からは白い目で見られるが仕方がない。いつもの黄色のノースフェイスを背負っていこう!

左上からポラリエ、自由雲台、シャッターリモコン、懐中電灯、ブロアー、予備バッテリー、小型三脚、デジタル一眼EOS-80D 18~135ズームレンズ、サムヤン8mm魚眼レンズとミニマムな装備ですが、これだけあればなんとかなる! 1泊目も2泊目も内緒ではあるが南の空が見やすい場所を選んであります。
まずは指宿温泉の旅館の前の海岸から南の空を見る!
星は見えるがかなり雲がある、おまけに桜島の火山灰が天気予報ではこちらに流れる予報でした。そのせいかかなりモヤっていて空が濁って見える。
双眼鏡を持ってくるのを忘れたのが失敗でしたが、水平線真ん中あたりの赤いライトの左あたりが真南です。残念ながらアケルナルは見つけることができませんでした。

東の空を見るとオリオンが昇ってきていました。
海がバスクリンのような黄緑色に見えるのはこの旅館の照明によるものです。ここまで照らさなくてもよさそうに思うのは宿泊者ではきっと私だけなのでしょう。
翌日車のフロントガラスに指で字が書けるほどの灰が乗っていました。

翌日はあちこち回って宮崎に移動です。
と、元スターベース名古屋のIさんが九州に来ているようで、霧島神宮の参拝者の行列の写真が届きました。その2時間後に我々が霧島神宮に到着した時には行列はもう少し伸びていて「これは密だな!」ということで参拝はパス!
17時頃にホテルに到着し部屋の窓から外を見るとサーファーが海にいてその上にヴィーナスベルトと地球影がピンクとグレーに美しく見えていました。

と、ゆっくり眺めている余裕はありません! 17:35からISSがほぼ真上を通過します!
大急ぎで海岸へ出ます。「あれ?どうしてこんなに明るいんだ?」この日の名古屋の日没は16:47なのでかなり暗いつもりでいましたが、ここは宮崎!大急ぎで日没時間を調べるとなんと17:17!名古屋と比べてちょうど30分遅い!「なんてこった!?」「もしかしたら双眼鏡なしでISSが見つけられないかも?」と思うくらい明るい。 ISO200で1/10秒のシャッターがギリギリで、それ以上遅くできない。
今考えれば連写しなくとも1秒間隔とかで撮ればよかったんですが、見え始め時間を過ぎていたのでとりあえずシャッター押しっぱなしの連写で凄い枚数が撮られていきます。
そうこうしているとやっと50度を超えたあたりで目視できました。そこから天頂付近を通って東の空へ飛んでいくのを見送りました。

670枚の比較明合成です
ISS通過後の美しい夕暮れ、ヤシの木の上に月が光っています

この時は全く曇る気配のない快晴でした。
その後、温泉につかり、夕食を済ませて外に出ると70%くらいの空を雲が覆っています。
500mほど歩けば南の水平線が見えるはずでしたが、そこに行くまでもなくホテルの前で諦めました。晴れ間を待って少しだけ写真を撮って諦めて部屋に戻りました。

固定撮影でこれだけ写るので空は結構暗そうです。

こんなモアイ像と水平線のアケルナルと星空を眺めていたいなぁと思いつつGOTOトラベルのありがたい旅行を終わりました。
ん~やっぱり低空ぎりぎりのアケルナルを見たかったなぁ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました