ISS木星面通過

国際宇宙ステーション

四日市で木星面通過と強拡大

2020年8月5日 19:47 三重県四日市市あたりでISSが木星面を通過する予報が出ました。

合わせてこの日は仰角74度の通過なので強拡大で狙うにも絶好の条件です。 いつも通りISS友のMさんと綿密な打ち合わせで場所決めですが、候補はいくつかあるものの決定打がありません。 結局Mさんが早めに行ってロケハンをしてくれ、ほぼセンターライン上の公民館の駐車場で使用許可をいただき決定しました。 天気は良いし場所さえ決めればあとは機材を設置して待つだけです!と思っていたら地元住民の方々が続々と集まってきて皆さん「なんだ?なんだ?」状態。聞かれるたびにこれは「天体望遠鏡で~宇宙ステーションが~」な説明をしていました。

 

そうこうしていると西の山(御在所?)に太陽が沈み、さあいよいよISSが西の空に現れるのを待つばかり! 40㎝ドブソニアンはISSを追跡し強拡大撮影。後ろのEM-100赤道儀に乗ったミューロン180は木星でISSが通過するのを動画撮影予定です。 Mさん曰く「二兎を追うものは一兎をも得ず」だそうだ。 しかし準備が完璧ならどちらもOKが欲張りなわたし流ですが、結果はどうか?

「二兎を追うものは一兎をも得ず」?

さてその結果は。

ISSが西の空に見え始めると40㎝ドブソニアンのファインダーを覗きながらISSを追いかけますが、しばらくは暗くまだシャッターは切れません。仰角40度くらいから見掛けのスピードが上がり明るくなってくると同時にファインダーの十字線に乗るよう望遠鏡を操り、連写、連写、連写。 最高点を過ぎたあたりでミューロン180のカメラの動画撮影開始。 その後再び40㎝ドブソニアンに戻り追跡、連写。追跡しながらもファインダーで木星のすぐ横を通過したのを見てちょっとがっかり「またしても重ならない!」

40㎝ドブソニアンで500枚ほどシャッターを切っており、そのうち400枚くらいにISSは写っていました。それをセンターリングし、トリミングしてGIFアニメーションにしてみました。 西から天頂付近を通って東へ去っていく~だんだん大きくなって、また小さくなっていく感じで通過を想像してみてください。

二兎を追うものは二兎をも得た!

木星2個分ほどズレて通過しましたが、どちらの望遠鏡もうまくいきました。 私としては大成功で四日市市まで遠征した甲斐がありました。 明日も仕事ですがおなかが減りましたので四日市名物トンテキを食べて帰りました。 しかしMさんここら辺のお店も良く知ってて助かりました。 最後に木星横通過動画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました