新しい観望地

遠征
スポンサーリンク

我々気ままに星空観望仲間のメインの観望地は名古屋からも近い旭高原元気村です。
ただここは標高は500mほどありますが、名古屋・豊田からも近いためかなりの光害の影響があります。
よって初夏から晩秋くらいまでは、標高1500mの絶品の星空に出会うために御岳ロープウェイに行っていました。

御岳ロープウェイの思い出

40年も前にはスキーにも来たことがありましたが、20年近く前、星を復活して気ままに星空観望仲間の皆さんに出会ってすぐのころに行ったのが最初だと思います。
「天の川がざらざらに見える!なんと素晴らしい星空なんだろう」と大感動だったのを覚えています。タープを張って鍋やおでんを作り朝まで遊べる最高の場所でした。
天気が悪いのがわかっていても皆集まって2晩も雨の中タープの下で遊んでいたなんてこともあり、それほど大好きで居心地の良い場所でもありました。
数年前に御岳ロープウェイの運営会社アスモグループの社長Kさんとお会いすることができ、遠征のたびに駐車場の使用許可をいただき遊ばせていただいていました。

どこへいってもこれが我々のスタイル!

しかし大変残念なことに今年のえいぎょうをもって運営から撤退されることになり、木曽町が運営を継承してくれるところを募集していました。マイアスキー場も同様ですが、こちらは運営を継承していただける会社が見つかり、来年以降も営業がされるようです。御岳ロープウェイは今現在もその募集に応募はなさそうです。
大変寂しいことではありますが、まずは今まで十数年遊ばせていただいたことを感謝し、アスモグループ社長Kさんに心からお礼を申し上げます。
また御岳ロープウェイで働いておられたアスモグループのスタッフの皆様のご健康とご繁栄をお祈りいたします。
本当にありがとうございました。

開田高原

我々にとってもトイレがあって夜通し安全に遊べる場所がなくなるのはかなりの痛手で、至急探す必要がありました。
以前に記事にした徳山ダム上流もその一つですが、もう少し標高が欲しいところです。
そんな時に仲間の一人Tさんが開田高原に別荘を手に入れたので遊びに来ないか?と声がかかりました。
早速気ままメンバー5人で新しい観望地も探す目的でお邪魔することに。
Tさんからは「BBQの用意をしておくので14時にはおいで」とのことでしたので少しの機材を積んで開田高原へ向かいます。

いつもは国道19号線からこの交差点を左折して御岳ロープウェイへ向かっていましたが、今回は直進。何も考えずにボーっと運転しているとつい曲がってしまいそうになります。

そして開田高原に入って少し行くと今日の目的地Tさんの別荘「秘密基地2」!
「秘密基地1」は大鹿村に移住され、今回もお会いする気ままに星空観望仲間の料理長Kさんち。
そしてメンバー6人がそろうと、Tさんが下見をしていただいていた観望候補地Aを見に行きます。

ここは広くてまわりに障害物もなく、多少傾斜はありますが気ままメンバー全員30名近くが集まったとしても問題なさそう~トイレも近くにあるし。
そしてこちらは観望候補地B。

ここも素晴らしいですが、Aの方が良さそうです。
もし来週晴れたら観望候補地Aに来てみようかと話していました。実は今日の天気予報は曇りで少し雨も降るかも~って感じで皆さんお茶を濁すていどの機材しか持ってきていないようです。でも青空なんですよね~(笑)
さぁ~Tさんちへ戻ってBBQ!!

我々が飲んだくれていると犬の散歩中の上品な女性が何やら声をかけてこられました。「ご一緒にいかが?」というと、あっさり溶け込んでなんてノリの良い姉さんなんだろうと一同ビックリ。
話を聞くとすぐ近くに住んでおられる芸術家の奥方で、名古屋の有名女子校の出身だとかでより話が盛り上がり、なんと自宅にドームがあるのだとか。

見に行ってみると、立派な5mドームで恐ろしい鏡面精度の35㎝が入っていたそうですが、いまはここにはないとのことで残念過ぎます。

秘密基地2を訪問してBBQをして、観望候補地を見つけて今回の目的を達成しTさんちでお風呂に入ってまったりしていると、雲がどんどんなくなり快晴に。

天気予報が悪かったために誰も大型の望遠鏡は持たずに来ているのが悔やまれるほど~しかも全員たらふく呑んでいるので観望候補地の様子も見に行けません~何たる不覚。(いや~いつものことか~(笑))
仕方なくBBQをしたところで小さな望遠鏡やカメラを出して観望を始めます。

御岳が眺められる場所はやはり最高です!

まわりに灯りがある裏庭でこれほどの空であれば、観望候補地であれば御岳ロープウェイに匹敵するのではないかと思われます。
この後すぐに曇ってきてしまったので、室内に戻り夜食タイム「野菜たっぷりの辛ラーメン」!

インスタントラーメンでも皆で食べているとめちゃくちゃ美味い!

辛いラーメンを食べて、またアルコールを呑んでいると外で花火の音。

少しの間ですが最高の星空に久しぶりに出会え、花火まで見れ大満足でシュラフに潜り込みます。
翌朝は辛ラーメンの残りにご飯と卵と多めのチーズを放り込んでピリ辛リゾットに。

外に出るとヤママユガを何十年ぶりかに見ました。(嫌いな方には申し訳ありません)

実に美しい蛾で、この繭からは最高の絹糸が取れます。そしてこのヤママユガは口は退化して幼虫の時に蓄えた栄養のみで生きています。ヤママユガの仲間の大型の蛾はどれも本当にきれいで美しいとおもうのは私だけでしょうか?

これで2か所の秘密基地ができ、標高の高い観望候補地もできたし、冬の寒い時は温暖な伊勢志摩の観望地もあるし、1年中いろいろなところで遊べるでしょう。
さて「すや」で栗きんとんを買って帰るとしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました