再び ツバメのねぐら入り

その他

先日ツバメのねぐら入りを初めて見て大感動だったので、今度は夕焼けの中で見てみたいと思っていました。
8月26日 昨晩からやっと晴れて夏らしく暑くなってきました。
もしかしたらきれいな夕焼けが見られるのではないか? と思い、再び細口池公園へ向かいました。
今回は6・7人カメラを構えた方々がいらっしゃいました。
日没前でも数羽のツバメが勢いよく飛んでいます。
日没あたりから準備をしているとだんだん西の空が茜色に焼けてきました。気が付くと上空高いところですでにかなりの群れが旋回しています。

これはこれは「茜空をツバメが舞う」素晴らしい光景です!
この辺りまではCanon EOS80Dに標準の18~135㎜ズームですべてシャッタースピード優先のオートで十分に撮れます。

今回のもう一つの狙いは暗くなってヨシ原に降りたツバメたちを明るいレンズと高感度で撮ってみようと思っていました。
カメラはキャノンEFマウントアダプターでキャノンのレンズが使えるようにしたソニーミラーレスα6300です。レンズはどちらも古いレンズですが、シグマ30㎜/f1.4とキャノン200㎜/f2.8の2本です。


6・7人いた方々が諦め撤収される頃にヨシ原の前に三脚を立てて30㎜でISO25600で撮ってみますが、ツバメがどうなっているのかよくわからないので、動画で撮ってみました。
さすがに荒れ荒れですがツバメの大群が回転しながら降りていく様子がなかなかおもしろいです。

続いて200㎜でf2.8のため ISO40000まで上げてみます。

静止画で撮るとこんな感じでツバメたちが休んでいました。

この時もやはり「ゆっくり休んで無事に南へ渡って行ってほしい」と願いました。


さてこの週末はやっと晴れ予報ですが、残念ながら月が大きいし緊急事態宣伝も発令されていまいましたので自宅から惑星観望です。夏の落ち着いた気流で素晴らしい木星・土星を見てみたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました