Taizoを見る!

月面には日本人の名前の付いた地名がいくつかあります。
ここを見ていただくと11個のクレーターと2つの谷があることがわかります。
そのうち10個のクレーターは天文学者や数学者・物理学者など功績のあった人の名前かと思いますが、2つの谷と1つのクレーターは「日本の男性名」「日本の女性名」とあるだけです。
また宇宙飛行士のエリソン・オニヅカ氏はスペースシャトル「チャレンジャー」の爆発事故でお亡くなりになった方で、ハワイ・マウナケア山の中腹にあるオニズカビジターにも名前が残っています。
さてここで気になるのは私と同じ名前の「Taizo」です。これはどこにあるかといいますと雨の海と蒸気の海あたりを拡大します。

アペニン山脈のすぐ左にハドレー谷があり、長さ80km、幅1.5km、深さが300mの曲がりくねった谷です。
これはNASAの写真ですがハドレー谷の先にBela谷があり、その横の小さな亀裂が「Taizo」です。
アポロ15号の着陸地点もハドレー谷のすぐ横にあります。

私が撮った写真を拡大していくと、どうでしょうか?「Taizo」みえるでしょうか?
私にはそこにちゃんと亀裂というか溝というか確かにTaizo谷が見えました!こちらです。

何年か前に気ままに星空観望仲間の仲間内で話題になっていましたが、すっかり忘れていましたがツイッターで思い出させていただきました。 今回は比較的気流も落ち着いており無事に確認できてよかった~! ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました