マクストフ カセグレン来た!

天体望遠鏡
スポンサーリンク

先日特に欲しいものがあるわけではないが、当地名古屋の望遠鏡販売店の「スコーピオ」さんに寄ってみた。最近の望遠鏡にはあまりそそられることなく中古を見ていると何やら青い鏡筒が目に入った。
SkyWatcherなどの大陸製の望遠鏡が台頭してくる以前にビクセンが取り扱っていた中国製のマクストフカセグレンです。このころもう一回り小さい「バイパー」というジョイスティックでコントロールするような経緯台に乗った9㎝マクカセもありました。
過去に小口径のちょい見用のマクカセはミードの90と105、SkyWatcherの127を使ったことはありました。ミードは想像通りの見え味でしたがミラーシフトが大きく私の中では不満足であり、SkyWatcherは想像以上によく見えていましたが、何か魅力に欠けていたのか今は手元にありません。
以前にスコーピオさんを訪れたときにはかなり古いセレストロンのC5があって「ちょっと魅力的で欲しいぞ!」と悩んでいましたが、次に訪れたときにはなくなっていてガッカリしながらも「よかった~」と思っていました。そんなわけで今回はビクセン扱いの中国製のマクストフを持ち帰ることにしました。

どこにもビクセンなんて書いてなく、口径127㎜・焦点距離1500㎜・F11.8、全長40㎝程のお手軽な鏡筒です。
さてこれをSP-DXに載せて少し観望をしてみます。

まず光軸のチェックのためアークトゥルスで内外像を見てみましょう。
驚いたことに7㎜のアイピースで214倍で見ると実にきれいな内外像が見え、光軸もピッタリきていました。この「ちっこいマクカセ良く見えそう~」と思わせてくれました。
その内外像をBORGコンパクトエクステンダーメタルを入れ、ZWO ASI290MCで撮ってみました。

焦点像はこんな感じで見えていました。

これは土星を見るのが楽しみですが、残念ながら曇ってしまい次回にお預けとなりました。

私の望遠鏡たちは40㎝ドブ以外はすべて何かしらのケースに収まっています。というの以前に「子供のころに欲しかった古スコ」を集めていたときそうそうたる望遠鏡はすべて立派な木箱に収められており、「望遠鏡たるものは箱に入っているもの」と思うようになっていました。まあその方が取り扱いや運搬にも便利ですよね。

というわけで、この望遠鏡にもケースが必要になり、まずはホームセンターの工具箱を物色するもこれというものは見つからず。ネットショッピングで見てみるとピッタリのアルミケースが見つかりました。3580円+送料600円か~と思って見ていると同じものがホームセンターコーナンにあり3000円ちょっと!しかもネットショッピングで店舗受け取りにすると5%OFF!!で「ポチッ」。翌日にはお引取りの準備ができました~とメールが来て店舗で受け取り2900円ほどでマクカセのケースが準備できました。

これで良し!
5月の引越しに合わせてたくさんの機材を処分して、かなり身軽になったはずなのに早くも1つふえてしまったとさ~(笑)

コメント

  1. 田中邦明 より:

    ご存じのように、私もマクストフカセグレンで遊んでいます。
    というか、重量級のSHARPSTARを出すのが手間なだけですが…。
    しかし、このケースいいですねぇ。
    SKYMAXの鏡筒は布製のバッグがあるので良いのですが、こんな立派なケースがそんなに安いとは…。
    どちらのホームセンターでしたでしょうか?

    • Taizo Taizo より:

      こんにちは~。
      このケースはコーナンで購入しました。
      このサイズは一般的なようで、カインズとかビバでもあったと思います。
      私はどうもケースに入れないと気が済まないようで~(笑)

タイトルとURLをコピーしました