憧れの8㎝/F15

天体望遠鏡

ニコン 五藤 高橋 ミザール ケンコー

40年~50年ほど前各社のフラッグシップだったであろう8㎝/F15の天体望遠鏡を5台(ニコン8㎝、五藤8㎝、ミザールカイザー、タカハシ8㎝セミアポ、ケンコー8㎝)集めて所有していました。
当時到底手が出せる代物でもなくカタログを眺めるだけの憧れの望遠鏡たちです。 
そんな夢の望遠鏡たちが半世紀経過した今、あちこちから調達して見比べることがかないました。
ニコンの赤道儀も特徴的ですがやはり青い五藤Mark-Xにはかないません。またミザールカイザーの接眼部のヘリコイドのハンドルもたまらないカッコよさです。しかしどれも鏡筒は1200mmもあるし、しかもゴツイ木箱に入っているので場所をとって仕方がないので、40㎝ドブを買う時に保管場所の関係でニコンだけ残して4台を涙を呑んで新しい活躍の場に出しました。
アイキャッチの写真は双望会にニコンと五藤の2台の古スコで参加した時のものですが、ここでSide by Sideでこと座のダブルダブルスターを見比べ、わずかにニコンに分があるように感じました。五藤の鏡筒径が95mmに対してニコンの鏡筒径が100mmなのが有利に働いたのかもしれません。

ニコン8㎝/F15

5台の中から唯一残したニコンですが、鏡筒に目立つキズもなく木箱の上にニコンの大井製作所から名古屋のデパートに配送された送り状も貼られた当時の段ボールに入っていました。大切に使われていたものだと思われます。 このダンボールは軒の下に置いてありよれよれになってしまい処分しました。

木箱をあけるとデーンと鏡筒が横たわっています。
ほとんど使うことはないのですが、一応すぐにでも使えるように鏡筒バンドでアリガタが取り付けてあります。 また、この小さなファインダーが良く見え、なかなかのものです。
木箱の中にはニコンのロゴの入ったビニールやら乾燥剤まで当時のものが入っていて、これは大切に保管してあります。

続いて付属のアイピースです。
当然ながらツァイスサイズ24.5mmですが、オルソ7mm、ハイゲンス12.5mm・25mmと天頂プリズムが付属です。 当時のF15の長いアクロマートとハイゲンスの組み合わせが良いのか色収差も感じることなく非常に切れの良い月や惑星を見せてくれます。 ただ今どきのアイピースに慣れてしまうと昔のハイゲンスの小さい針の穴から覗くようなのは辛く、できればアダプターを作ってアメリカンサイズで使ってみたいと思います。

赤道儀を眺めてみます。
この極軸35度固定の形がでっぱりがなく何とも魅力的で美しい赤道儀だと思うのは私だけでしょうか。
しかし極軸合わせは水準器のメモリを見ながら三脚の開きによって調整するため非常に難しいものです。 私のこの赤道儀は水準器の液体が抜けてしまっているので、横に新たに取り付けた水準器で合わせる程度しかできなくなりました。

三脚も眺めてみます。
赤道儀と4本のねじで結合し、ここに本来はアイピースホルダーが取り付けられるはずですが残念ながらアイピースホルダーがありません。

藤井旭さんが白川観測所でこれと同じ望遠鏡をつかわれている白黒の写真が記憶に残っています。
こんな紹介記事を書いていたら「この望遠鏡にいつから星の光を通していないんだろうか?申し訳ないなぁ」と思えてきました。 近いうちに月と接近中の火星をこの子供のころの憧れだった望遠鏡で眺めてみよう。

コメント

  1. 橋本克成(深井の星 スマホに登録) より:

    望遠鏡といえば私も数々の製品を買い替えてきました。屈折、反射、特殊光学系、屈折経緯台に始まった望遠鏡遍歴ですが、記憶に残ったのはニコン10㎝、F12のアポクロマート屈赤。高橋ミュウロン25crs、セレストロンC11でしょうか。ニコン10㎝のときは、ショップで中古の品に目をつけましたが、対物レンズの前玉が、夜露でぬれ、かわき、を繰り返したため、酷くよごれていました。店の人に「拭って、掃除できないか」と、尋ねたところ「特殊な光学レンズの為、さわれません」とのこと。ン十万円の金額と、程度を天秤にかけましたが、わが大蔵相も「新品にすれば」と仰せでしたのでモータードライブ付きで新品を購入。ファーストライトはハレー彗星でした。和歌山県にお住まいの、反射鏡味磨きの名人に彗星の位置予報を聞いていたので、スバルのすぐ横の彗星を視界に入れるのは容易いことでした。カミさんと一緒に大学の敷地内でかわるがわる覗きました。「これを逃したら、76年後だよ。」と説明しながら、ご奉公。まだ続きがありますが、ひとまず終わります。
        

  2. 橋本克成(深井の星 スマホに登録) より:

    私の望遠鏡遍歴でこの間はニコンの屈赤について書きましたが、今回はセレストロンC11について書きたいと思います。この鏡筒も記憶にのこる機材の一つです。C8を使って観察をしていたのですがあまりにも、見え味が優れていたため、シュミットカセグレンのファンになりましたが、20センチの口径の集光力に限界を感じはじめ、次なる鏡筒を考え始めました。架台は高橋のEM200。持ち運びしやすいもので、口径の大きいものを考えると自然と28センチF10におちつきました。価格も手頃なのも魅力でした。C8での観察システムですが、自宅前での観察ですが、洗車台の上に14インチのテレビをモニターにして、接眼部に取り付けたCCDカメラの出力からテレビの入力につなぎテレビの出力からビデオデッキの入力に接続して、ピント合わせはテレビの画面を見ながら行うものです。ファーストライトは木星です。模様が画面いっぱいうじゃうじゃ見えます。深夜遅くまで観察していますとおまわりさんの集団がとうりかかり、画面に見入って、「すごい!!」と一言。見え味は土星、月面など満足いくものでしたが、口径が大きくなると気流の影響やまた筒内気流などいろいろな問題もみえてきました。つづきはまだありますが、ひとまずおわります。

タイトルとURLをコピーしました