昨晩はひるがの遠征

国内

4連休後半の9月21日~22日、先の小惑星リュウグウ捕獲を目標にひるがのに遠征しました。
到着は日没前でしたが1000mの高原のため非常に涼しく、気持ちの良い場所です。

18:35 ISSが北斗七星の真ん中を通過していくのが見ました。
その後は、GPV通り雲がかかり、1等星が見える程度の空が11時ころまで続きました。
雲にかすんだ木星・土星を見てもシーイング悪く大赤斑が辛うじて見える程度でおもしろくありません。 お湯を沸かしてラーメンを食べたりお茶を飲んだりおしゃべりしながら晴れ待ちです。 実はいつもこんなお茶会をしながら楽しんでいるんです。

風が出てきて寒くなり、フリースを着てダウンコートを着て手袋がいるほど~って言っているときれいに晴れてきました! 多少風はあるがあっという間に素晴らしくクリアな空になりここからがいそがしいです。 私はまずは目的の小惑星リュウグウの撮影ですが、シャッターを切り始めればあとはヒマなので、45㎝ドブにいろいろリクエスト! 網状星雲、NGC891、ステファンの五つ子、M15、エスキモーなどなど。
双眼望遠鏡ではM31、M33、キャロラインローズ、ケンブルカスケード、M42などなど、どちらも素晴らしい見え味!もういつまでも覗いていられます。 
全然得意ではない撮影も頑張ってやっていました。

そのほかはギャラリーで!

M42オリオン大星雲が見えるとやはり静止衛星を狙いたくなってしまいます。
この美しい星雲を撮影する人には邪魔者扱いですが、この静止衛星を楽しむのも一興かと思うのは私だけ?
20秒露光を繰り返し、150枚を動画にしてみましたが、通過していったのは7機とちょっと少なくて残念。 

3時過ぎまで雲がかかることなく、夜露が降りましたが快星で素晴らしい星空を久しぶりに堪能しました。 気温は11度でしたが、それ以上に寒く感じました。
帰り道ではニホンカモシカに2回遭遇し、1度は親子でした。
このあたりのスキー場のスノーマシーンが動き始める前にもう一度来よう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました