2020.9.8.の3惑星

土星

まずは木星

昨晩は久しぶりに晴れていました。
大急ぎで帰宅するなり、セレストロンC-11をベランダに出しファン全開で温度順応開始!
しかしすでに木星はかなり南まで来ており、目の前のマンションに隠れるまで時間に余裕があまりなさそう。 大急ぎで夕ご飯を食べベランダへ直行し、30分で順応を終わらせて木星を導入し覗いてみるとよく見える! 早速撮影の準備をしモニターを見ると眼視で見たほどには落ち着いていないが、それでも時々ふっと細部が見えるときがある。 
衛星エウロパが木星面を通過しているはずですが、どこにエウロパがいるのかよくわかりませんでした。 
その15分後木星面にエウロパの影が見えてきたのと同時にエウロパ本体も木星面の帯の上に白く見えていました。だんだん影はどんどん木星面に入ってくるし、エウロパはどんどん木星の縁に近づいていきます。 もう少しでエウロパが木星面から出るというタイミングで目の前のマンションに隠されてしまいました、残念!

それから2時間半後木星はマンションの影から出てきましたが、すでに高度も低く気流も非常に悪いものでした。ただ、大赤斑が見えていました。

土星

木星がマンションに隠れた後はすぐ左側にある土星です。
土星は特に毎回見ても変わるところはありません。しかし衛星の位置は見るたびに変わります。

土星の衛星はこんな感じで見えていました。
一番内側を回っているミマスはエンケラドスと土星本体の間にいるはずですが、本体の光芒に埋もれてしまっています。

火星

23:30ごろに火星は隣の建物の上に出てきました。火星は再接近まで1ヶ月を切り、視直径が20秒になってきました。南極冠は夏に向かい小さくなり、子午線の湾(アリンの爪)が正面に見えていました。

自宅からは木星と土星は条件良く見ることは難しくなってきますが、火星はこれからが楽しみです。
天王星・海王星も見ごろになってきますので、次回には!

コメント

  1. ナツ より:

    また遊びに来ました(^-^)
    エウロパ本体が写真右端にあるのに、影は左端にできるということは…どの角度から見てることになるんだっけ?と頭の中でエウロパと影を動かしたりしてみました笑
    前回の火星の見え方の変化にも驚きましたが、惑星って近いだけあって、楽しみ方がいろいろあるんですね~!

    • Taizo Taizo より:

      ナツさん ありがとうございます!
      これは太陽が右のほうにあって、エウロパが木星面からかなり手前にある感じを想像してくださいな。
      これがイオだと軌道が木星に近いので影も近くなります。
      惑星はその時その時で違うのでおもしろいですね!

タイトルとURLをコピーしました