中国の宇宙ステーション「天宮」

人工衛星

10月29日18:00~CSS(中国宇宙ステーション「天宮」)が名古屋で天頂付近を通過しました。
このCSSには現在は女性1人を含む3人の中国人宇宙飛行士が滞在中で、予定では6か月の長期滞在とのことです。ISSと比べてもかなり小さいので大変なことでしょう。

ISSほどではないですが、かなり明るく光っているのですぐにわかるはずです。
ISSと同じ機材で狙います。

太陽電池パネルを持ったコアモジュールの前後に無人補給船「天舟」がドッキングしており、コアモジュールの下側に有人宇宙船「神舟13号」が係留しています。
CSSもiPhoneアプリ「Space Station AR」で「TIANHE」と表示されるのでISS同様に見上げてみてはいかがでしょう!

CSSを見送ったのち、木星の大赤斑が正面に見える予定なので、望遠鏡を向けてみました。

残念ながらシーイングはイマイチで写真は大したことはありませんが、木星らしい姿を見ることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました