ISS月面通過

国際宇宙ステーション

昨日3月19日は光ったISSの月面通過、しかもISSまでの距離540㎞とまあまあ近い。
1週間前のGPV先生の天気予報ではほぼ絶望的な予報でした。ところが17日には天気予報が若干晴れ間がありそうになり、前日の18日にはたぶん晴れる!に変わってきました。
天気に合わせて17日までは「軽めの機材で仕事が終わり次第走るか!」と思っていたのが18日には「これはいけない!主力機材でいかなければ!!」と変わってきて、19日は有給休暇にしました。
朝はお墓参りに行き、昼から準備して早めに行くことに。月面通過が終わってから星見もしてこよう。

虹の塔

お墓は平和公園にあるんですが、そこにはこんな「虹の塔」があり、春分の日・秋分の日の正午に虹が足元まで降りてくるとのことでした。なかなか春分秋分の正午に行くことができずに未だ見たことがありません。1日早いけど正午に行けそうだったのでちょっと覗いてみました。

中を覗くと足元にこんなことが書いてあります。

上を見上げると確かに虹が下の方まで来ている!

明日の正午にはこの虹が足元まで降りてくるのか? 見てみたいが明日は天気が悪い予報だ。
仕方がない、秋まで待とう。

ISS月面通過

ISSの月面通過が見られる場所は下の青い帯の部分、よってそこまでいかなくてはなりません。

グーグルマップの航空写真で車を止めて機材が展開でき、周りに障害になるものがないところを探します。それで見つけたところがここでした。上空に電線がありますがほぼ影響はなさそうです。

現地に到着してみないとわからないこともありますので、万一に備えて2か所ほど候補地を探しておいて早めに現地へ行きます。
当日の天気予報は晴れになり、通過時間は18:56:44となりました。
午後から全力の全集中機材を積み込みます。こんな感じです。

望遠鏡2台とカメラ3台、これで大丈夫なはずです。


ISS友のMさん、気ままに星空観望仲間のZさんと現地で合流し、3人で迎え撃ちます。16時の到着で3時間も前ですが3人でしゃべったりしているとすぐに時間が経ちます。

ストリートビューで見たままの場所でした

直前のISS友Mさんの情報で、ISSの通過1分前には3/11にISSから放出されたHTV-9 こうのとり9号機の外部パレットが通過するらしい。このパレットには古いニッケル水素電池などが搭載されており、近いうちに大気圏に突入して燃え尽きるとのことでした。そうであれば何としても記録に残しておかなければ!とISS通過の少し前から光跡を撮るカメラをスタートしました。

こんな感じで撮れていました。この日はおもしろい位置に月があり、その右にM45プレアデス星団(すばる)、左にはアルデバランを含むヒアデス星団があり、月の上には暗くなってしまいましたが火星があります。そこをまずはHTV-9(こうのとり9号機の)の残骸が通過し、その1分後に野口宇宙飛行士の乗るISSが光り輝く月の上を通過していきました。
動画にするとかなり早送りですが、こんな感じです。

そして肝心のISS月面通過の実際の映像はこちらです。
現場の雰囲気がわかるように音声も入っております。お聞き苦しいかもしれませんがご勘弁ください。

ただこの動画はちょっと失敗しました。 普段は30fpsで撮るのですが、欲をだして60fpsを試してみました。 事前にISS友Mさんが画像が粗くなるといっていましたが私は「大丈夫でしょ~」なんて簡単に設定を変えて撮っていました。そしてそれをもとに作った「あ~だめだぁ!」な画像がこちらです。

拡大してもISSの形が全く見えてきません。 倍の数のISSを捉えようと欲深い考えが大失敗でした。
もう1台の望遠鏡は強拡大で追跡をしていました。それをまとめた動画がこちらです。

これもなんだかいつもよりキレが悪いし、今回の収穫はHTV-9の光跡が取れたことくらいでしょうか。
さて、お腹がすいたので3人でご飯を食べて星見に揖斐高原へ向かいます。

揖斐高原でDeepSky観望

ISS友Mさんは翌日仕事らしく夕食後に別れ、Zさんと揖斐高原へ向かいました。
大きな角のシカに何度も遭遇し、1時間ちょっとで到着しました。
2時間ほど2人であれこれ見て、ドブソニアンで銀河を撮ってみようを思った矢先、雲かガスか出てきて、あっという間に星が見えなくなりました。

「山を下りればはれているのかも」といったん撤収します。
空の状態を気にしながら山を下ってきてもやはり曇ったままでした。
午前1時過ぎ、あきらめて帰ることにしました。まあ何やかやと楽しい1日でした。

コメント

  1. 石川 良平 より:

    今週は天気最高でしたね。私も元気村で週5完徹し、身体の半分は深宇宙にいました。ようやくsky Atlas星図を使えるようになり、細かい恒星を使いHikson、Abellに辿り着く深宇宙旅行は最高に楽しく、初めて3C273が見れて感動しました。

    • Taizo Taizo より:

      5完徹ですか!すごい気迫だ!!
      おとめ座のクエーサーですね~どんどん遠いところまで旅してますね。
      金曜日は気ままメンバーの星好き先生がお会いしたとかと聞きました。
      一度私の名刺のメールアドレスにご連絡いただけますでしょうか。

      • 石川 良平 より:

        大変申し訳ないのですが、私の物の管理が悪く、今頂いた名刺を探しております。また見つかり次第至急連絡させて頂きます。すみません。

        • Taizo Taizo より:

          おはようございます。
          そんなに気にされなくて大丈夫ですよ。
          こちらにお知らせください。sora_kanbounakama@yahoo.co.jp
          気ままに星空観望仲間メンバー30人以上いますが全員に伝わるように紹介しておきます。
          名前、機材、車、自己PRを少し。
          名前は本名ではないほうがありがたいです。実は仲間内で石川さんは2人いまして。
          あだ名でもハンドルネームでも、ちなみに私は気ままの中では「そら」です。

          • 石川 良平 より:

            お手数かけすみません。今 送らせて頂きました。宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました