火星と月面

太陽系

ここ1週間ほどは木星と土星の400年ぶりとかの超接近で楽しんでおりますが、その話題は次回にまとめますが、今日は昨晩の月と火星を少し。
昨晩は3台態勢でミューロン180とBORG71FLで木星土星を記録撮影しつつFC-125で観望しておりました。木星土星が低空にもかかわらず良く見えていたのでFC-125を月に向けてみたところ気流は良好で良く見えていました。iPhoneコリメート(iPhoneのカメラで望遠鏡の接眼レンズをのぞかせて撮る方法)で撮ったのがトップの写真です。
火星は最接近から2カ月以上経過してかなり小さく直径11.5秒角になっていますが、気流さえ良ければまだ何とかなる大きさなので、望遠鏡をC11に乗せ換え早速火星へ向けてみました。

お~!まだまだ良く見えます! 特徴的な子午線の湾が右にあり南極冠も小さいながらもまだありました。 北極に白い雲が目立ち、極冠ができてくる前なんでしょうか。
拡大率の小さい望遠鏡で木星と土星を見ていたので、大きく拡大した火星にはやはりワクワクです! 夕食後にもう一度!!

以前にダストストームが発生し谷が浮かび上がっているように見えていたマリネウス渓谷も元に戻っているようです。 さすがにこの大きさではタルシス三山は無理でした。
でも久しぶりに楽しい火星でした。
少し欲を出して月面も散歩してみました。月の地名は良くわかりませんので写真だけにしておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました