主砲40㎝ドブソニアンの秘密

天体望遠鏡

「気ままに星空観望仲間」の方々に出会って一緒に星見をするようになった15年程前には25㎝ニュートンをEQ6赤道儀に乗せて使っていました。その頃はすでに気ままの中には30㎝~50㎝のドブはごろごろしており25㎝ではいささか力不足を感じておりました。 一時期は双眼望遠鏡にも走りましたが、やはり40㎝クラスの暴力的な集光力が欲しくて欲しくて、ついにSkyWatcherのGOTOドブソニアンが発売されすぐにシュミットさんで注文をしました。 うちに届いたダンボールの大きさ重さにビックリでしたが10年近く使っていると大きさはすっかり慣れてしまいます。

シュラウドとファン


買ってまず初めに必要になったのはトラス部分のシュラウドと主鏡のファンでした。
シュラウドは生地屋さんで黒のフリースを3mほど買ってきて円筒にし、上下を袋縫いをしてひもを通しました。トラスが3本のため3本木の棒を挟み込みシュラウドが6角形になるようにしてあります。
ファンはPC用の10㎝角を2個主鏡セルに付けました。
また、重い2インチアイピースを使うときは手首足首用のウエイトでバランスを調整します。

ファンの電源はファンの角についた赤と黒の端子にワニ口クリップで12Vをつなぎます。

フィルタースイッチ

40㎝の集光力があるとフィルターの効果も絶大で、見えていなかったものが浮かび上がってきます。
ただアイピースを変えるたびにねじ込むのは面倒だし、落とす可能性もあるのでフィルタースライダーは必須です。私が使っているのはデンクマイヤーのフィルタースイッチで、これに国際光器の2インチクリックロックを組み合わせました。これらを接眼部に取り付けるため、コスモ工房さんでアダプターを2個作ってもらいましたが、簡単な図面を書くだけで大体理解していただけて安価に作っていただけました。
フィルタースイッチは2枚しか装着できませんが、のぞきながらでもスライドでき見え方の比較が容易にできます。私はUHC(テレビューネビュスター)OⅢ(バーダー)を常に装着しています。別に外して付け替えるだけですがHβとムーン&スカイグローがスライダー枠にはめて準備してあります。ただ、Hβは馬頭星雲専用というくらい使い道が少ないし、その場合には31.7アメリカンサイズのアイピースを使うことが多いのでアメリカンサイズのHβ(ルミコン)を使ってしまいます。なので接眼部に常に装着されているのはUHCとOⅢで十分かと思います。

私はこのクリックロックが好きです。
こんな感じで取り外して交換ができます。

テルラドファインダーは必須

ドブソニアンを使う場合は等倍のサイトファインダーが必須かと思います。私の場合は自動導入もありますので頻繁に使うわけではありませんが、複数人で見ている場合は私が自動で導入し、ほかの手動のドブの方が場所の確認で見る場合にも便利です。私はテルラドを使っています。足を高くし顔が鏡筒に触れるのを防ぎ、スクリーンにカバーを付け夜露を防いでいます。どちらもあればありがたい付属品です。

光軸調整ねじと斜鏡ヒーター

ニュートン式望遠鏡は車で運べば必ず光軸がズレ、使うたびに光軸調整が必要になります。なので少しでも簡単にできるよう3本の調整ねじを指で回せるローレットネジに替えてあります。また、湿度の高い日には主鏡より先に斜鏡がくもりますので斜鏡にはヒーターがつけてあります。これは斜鏡のホルダー部分に巻いてありますがこれでも効果はあります。主鏡がくもってしまったらもうドライヤーで温風を当てるしかありません。 まれに主鏡に夜露が流れるほどついてしまうことがありますが、その場合はもうあきらめですね~!

フード

フードはキャンプで使う銀マットの内側に植毛紙を貼ってマジックテープで丸めて止めるようにしています。明るい照明などがある場合に接眼部に光が当たるのを防ぎ、斜鏡のくもり防止にも多少の効果があるのかと思います。

SkyWatcherのドブソニアンは斜め上に接眼部が来るようになっておりますが、どうもそれが嫌で真横からのぞけるようにトップリングを回転させてあります。
以上のように、私が使いやすいように手が加えてあります。 ただ、このドブソニアンは架台が50㎏、鏡筒が35㎏と重いのが難です。 でも40㎝の暴力的な集光力と星図をみてスターホッピングが必要のない超便利な自動導入が魅力の望遠鏡です。
このように架台部分は4つに分割し、鏡筒は後部座席にゴロンと積みます。

コメント

  1. 石川 良平 より:

    2週間程前 元気村でお世話になりました。ドプソニアン初心者の者です。私も名東区在住です。あれからメシエ天体を見まくり、今はおとめ座銀河団にハマっています。光軸調整がカベです。またお会いすることがありましたら宜しくお願いします。

    • Taizo Taizo より:

      こんばんは!おとめ座銀河団は同定するのが難しいほど銀河があふれていますから、見ている分には楽しいですよね!
      明日はリュウグウとはやぶさ2を捉えるために元気村へ行きます。
      よろしければお越しくださいね~。

      • 石川 良平 より:

        有難う御座います、明日天気良ければ行きます。宜しくお願いします。早くも40cmが欲しくなりました。

タイトルとURLをコピーしました