最接近後の火星

火星

10月6日に最接近を無事に観測した翌日からなかなか晴れません。
次に晴れたのは11日でこんな火星面でした。下の白い部分は南極冠でドライアイスが白く光っています。その反対側の北極には雲があり雲の切れ目がからアキダリアの海が見えています。左のほうの白っぽいのは朝霧が発生しています。

12日は眼視でしっかり見ようとして写真はなし。

13日の火星

14日

15日、この日は衝(太陽と地球と火星が一直線になる)で欠けることなくまん丸の火星が見えていたはずです。仲間内では満火星と呼んでいます。

火星の衛星フォボスとダイモスです

5日間連続で毎晩火星を眺められたので今週は充実した気分で週末になりました。
今日は天気も悪くゆっくりと記録をまとめました。といってもこんな程度です。

全然火星とは関係ないですが今日「うまかっちゃん」もらいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました